スポンサーリンク

引越し(転職)後すぐにローンを組む

マイホームについて,一条工務店のハナシ

こんばんは。久しぶりの投稿となってしまいました、つぶちょこです。
今日は、ローンについてつぶちょこが不安だったこと、調べたこと、聞いたことを書きたいと思います。
前回の記事で仮契約を結んだ時のお話しをしましたが、仮契約から約3か月後に引越しをした後のお話しです。

スポンサーリンク

引越しに伴い、転職

つぶちょこ夫婦は二人とも、引越しするにあたって、転勤ではなく転職をすることとなりました。
転勤であれば、勤務する会社自体は変わらないので特に問題は無いかと思いますが、転職となるとそれまでいくら稼いでいようが、新しい職場の条件で審査されることとなります。(当たり前ですが😓)

転職前にローンを組む方法はあるのか

つぶちょこ夫婦は引越しの時期が未定のまま仮契約をしたので、その時点での収入等で審査してもらうことはできないのか?と考えました。
ローンが通って、家が建ってから引っ越すのはどうなの?と。
結論として、できませんでした!
できない理由としては、次の通りです。
🖕ローンは住む人が組む
 ⇒審査する時の申請として、例えば実母はんが住むために建てるので…というのはどうか聞いたところ、この答でした。
🖕遠くに引っ越す場合は引越し先に現職場の転勤先がないとダメ
 ⇒要は、通える範囲に今の職場の支社等がないと、転職するってことだよね?ということです。

転職後の収入によって支払っていけるかの確認も重要

転職後の収入でローンの支払いができることが一番重要ですよね。
審査が通っても、転職してみたら「思ってた給料より少ない」なんてこともあるかもしれません。
つぶちょこ夫婦は、引越し後、家が建つまでの住むところの確保等を考えて、家を建ててから引っ越したいなんて思ったのですが、実際の収入が確定していない状況でローンを組むのは怖いことは重々承知していました。
選択肢として、色々考えたうえで納得したい性格なので、引っ越し前に家を建ててしまうことは可能なのかを確認したのでした。

実際はいつになったらローンが組める?

じゃあ、転職後にローンの審査ができるのはいつなのか?という話です。

銀行ローンは1~3年後

銀行で組むローンは、銀行ごとに審査内容も違いますし、収入だけでなく、勤め先の信頼度等によっても審査結果が変わってくるそうなので、一概には言えませんが、1~3年経ってないと審査ができないそうです。

フラット35は給料明細1ヶ月分からOK

フラット35は家を建ててほしいがためにできた制度なそうで、銀行ローン程審査は厳しくなく、給料明細が1ヶ月分出てれば、×12か月の計算で年収として審査してくれます。
つぶちょこ夫婦はそもそも、絶対に固定金利がいいと思っていたので、フラット35でローンを組むつもりでいました。転職後すぐに審査できるというのは後から知ったのですが、万々歳の情報でした✨

結論

遠方への引っ越し(転職)後、すぐにローンを組みたい場合にはフラット35であれば可能です。

余談ですが、一条工務店には独自のi-フラットという仕組みがあるので、言われた通りの書類等を用意すれば、自分であちこち行かなくてもいいのでとても楽でした。
事務手数料や、繰上げ返済時の手数料、手間などを考えると、一条工務店で建ててフラットでローンを組みたい方はi-フラットがおすすめだと思います。

スポンサーリンク