スポンサーリンク

【忘れずチェックした方がいいこと】間取り検討(6)

2021年9月9日マイホームについて,間取りについて

間取りについては1度書き終わったつもりだったのですが、やはり追加で思い出しました!!

スポンサーリンク

設置位置・間隔の指定を忘れずに

出来上がった間取りに浮かれてしまうのですが、もう1度冷静に図面を確認です👍
それぞれの設備の位置関係を指定しておかないと、大工さんの感覚で設置されるようです!
特にこだわりが無い場所はいいんですが、もう一度確認してみてください!

つぶちょこ
つぶちょこ

賃貸に住んでいると、

「何でこれココ?あと5センチ寄せてよ…」

みたいなことありますよね、それの確認です!

実際につぶちょこが指定したところを具体的に説明します🤗

ホスクリーンの位置

スムーズに取り込めるように、ウォークインクローゼットの前にホスクリーンを設置しています。
これから結構重要なこと言います。

ハンガーを使って干したら意外と横幅を取る!!

つまり、干した洗濯物とクローゼットの扉が干渉してしまう可能性があるということです。
ホスクリーンに通す物干し竿が中心になるので、洗濯ものによっては片側20センチ位の幅があります。
クローゼットのドアを開けた時に洗濯物にぶつからない
且つ
ウォークインクローゼットから出た時に洗濯物に突っ込んでいかなくても歩ける
ように、壁・ウォークインクローゼットからの距離を指定しました。
指定しないと、クローゼット寄りに設置されてしまうところでした💦


そしてもう1つ、大事なことを言います。

歩く場所を遮るように物干しが来るとジャマ!!

これも、「壁から何センチ離した位置に…」と指定しないままだと、平気で通行の妨げされます(;^ω^)
設計士さんが気付いていたらいいのですが、「物干しスペースを最大限長く取る」と考えてくれる設計さんだと、生活してみてから邪魔になる可能性大です。

つぶちょこ
つぶちょこ

どっちも大した気づきじゃないけど、

気づかなかったら住んでから絶対ストレス…

洗濯流し(スロップシンク)の位置

これも見直していた時に気づいたのですが、放っておくと壁からどれ位の位置になるか分からないとのこと。
横の壁に近すぎると、「(手洗いしている時に)肩や肘が壁にぶつかってイヤ!」
壁から遠すぎると、「このデッドスペースもったいな!!」
と、なると思ったので、シミュレーションして決めた位置に設置してもらうことにしました。

せっかく建てた家で、プチストレスを抱えたくないので、気づいてよかったー!!と思ってます。

つぶちょこ
つぶちょこ

とは言っても住んでから色々あると思うけどね!笑

スポンサーリンク